●1970年2月28日>創価学会公明党の起こした「言論出版妨害事件」に対し野党が池田大作会長をはじめ関係者の証人喚問を要請。

●同年>言論問題に自民幹事長-田中角栄が仲介に入り自民党の反対で証人喚問は実現せず。

●同年代後半>地方の首長選で自公民が選挙協力を取るようになる。


●1990年12月10日>沖縄県知事選で創価学会が支持した大田昌秀が沖縄県知事となる。

●1994年5月>自民党で四月会結成。創価学会と公明党の関係を『政教一致』と批判開始

●同年>11月20日>沖縄県知事選で創価学会が支持した大田昌秀が再選。

●同年>12月4日 自民党が池田大作名誉会長の参考人招致を画策

●同年12月5日>「公明党」を解散し「公明新党」と「公明」に分党。

●同年12月10日>新進党(新生党(小沢代表)・民社党・日本新党その他)に公明新党が参加。

●1998年7月12日>参議院選挙で自民党が大敗。

●同年11月15日>沖縄県知事選で創価学会が大田氏の対立候補自民党推薦の稲嶺恵一を実質応援し当選。

●1999年1月14日>自民党と自由党(小沢一郎)の連立政権が発足。

●同年10月5日>自民党と自由党の連立政権に公明党が参加し自公(自自公)連立政権と成る

●2000年4月1日>自由党(小沢一郎)が連立政権離脱。(その結果、自公連立政権)

●2001年>創価学会批判の四月会解散(解り易い^^)

●2001年4月26日>小泉内閣誕生。

●2003年>創価学会の池田名誉会長が武力行使を容認する見解を示す。

●2005年>小沢一郎が、沖縄宜野座村に土地を購入。(辺野古から車で13分程の場所)

●2006年4月>小沢一郎民主党代表が、創価学会の秋谷前会長と会談。(その後も数回会談を重ねる)
   
●2006年9月22日?自民党の安倍晋三が、創価学会の池田名誉会長と極秘会談

●2006年9月26日>小泉内閣終了。

●2006年9月26日>第一次安倍内閣誕生

●2006年9月28日小泉前首相が創価学会の池田名誉会長と会談!
       公明党の草川昭三副代表、小泉内閣の秘書官だった飯島勲氏らが同席


●2007年6月4日>共産党が、《創価学会の集票活動》を批判。


●同年7月29日>参院挙で自民党が歴史的大敗!


●同年8月27日>第一次安倍内閣終了!


●同年10月16日>民主党副代表が《創価学会の集票活動》を批判。

●2008年10月15日>民主党副代表が、さらに《創価学会の集票活動》を批判!

●2009年 5月11日>小沢一郎氏が民主党代表を辞任

●2009年 8月30日>衆院選で民主党が300議席超えの大勝利で政権交代!
自民党119議席に転落。
公明党も太田代表など選挙区候補全員落選!


●2009年 9月3日>小沢一郎氏が民主党幹事長となる。

●2010年2月26日>民主党の小沢一郎幹事長が創価学会前会長と会談

※この後から、野党による創価学会批判が無くなった可能性が高い!

●2010年5月>創価学会の池田名誉会長が姿を隠す。


●2011年3月11日>前代未聞の大災害(東日本大震災)で、多くの犠牲者が出て原発が破壊され日本の国土と海の放射能汚染が始まった!

●2012年11月16日>衆議院選挙で民主党が大敗

●2012年?>小沢一郎の別荘が沖縄宜野座村(辺野古から車で13分程の場所)に建設された。

●2012年12月26日>第二次安倍内閣誕生

●2013年12月6日>公明党の賛成で特定秘密保護法成立!

野党による《創価学会の集票活動》に対する批判無し!

●2014年4月8日>公明党が原発再稼働を容認!

野党による《創価学会の集票活動》に対する批判無し!

●同年年5月17日>創価学会が、集団的自衛権「行使できない」「憲法改正手続きを経るべき」と発表 

●同年6月10日>飯島勲-安倍内閣参与 創価学会に対する「政教一致」批判が起こる可能性に言及

●同年6月12日>公明党が集団的自衛権の限定容認論を検討開始。

●同年7月1日>公明党が集団的自衛権行使のための新3要件閣議決定。

●同年7月2日>創価学会 公明党の集団的自衛権容認に対し理解を示す。

野党による《創価学会の集票活動》に対する批判無し!

●2015年7月15日>「安保法制」が、公明党の賛成で強行採決!

この後【創価学会本体】は、公明党に全く抗議をしていない。

今日まで野党による《創価学会の集票活動》に対する批判一切無し!


_shared_img_thumb_P523DSC00245_TP_V

2018/4/15加筆訂正
2018/5/12加筆訂正
2018/6/13加筆訂正